IT技術者のためのドキュメンテーション~「誤解なく伝わる」文章化の技法~

印刷用ページ印刷用ページ

IT技術者に必要不可欠な文書表現、文章作成のスキル等を理論と実践を通じて身につけます。
PCによる ドキュメンテーション作成を個人ワーク、グループワークにより実施し、講師やグループメンバーからのフィードバックをもらい、ドキュメント作成能力の向上をはかります。

受講申込: 
研修講座コード
PS024
受講料(税込)
¥55,000
日数(時間)
2日間(12時間)
開講予定
2021-08-26 (木)2021-08-27 (金)
開講時間
9:30~16:30 (お昼休み 基本12:00から13:00まで)
前提知識

IT業界経験3年以上でMSOffice(WORD)により文書作成ができる方

対象者

報告書や提案書、議事録、メールなど、自分が作成した文章に自信を持てない方

到達目標

・技術ドキュメントとして過不足なく適切な情報量を盛り込むことができる
・誤解のないシンプルで分かりやすい文章表現ができる
・読み手を意識して適切な用語を使い、わかりやすい構成の文章を作成することができる

講師
セイ・コンサルティング・グループ㈱ 山田 篤彦
事務局コメント

※事前準備として文章作成の演習テーマを前もって考えておくようにして下さい。
以下の項目を参照。
報告(例:セキュリティ対策実施状況報告)、提案(例:タブレット端末導入のご提案)
ご案内(例:納涼祭のご案内)、勧誘(例:ランニングクラブの勧誘)
周知報告(例:昼休み消灯のお願い)など

講座分類

研修内容: 

<1日目>

0.オリエンテーション
 ・研修の目的と目標
1.IT業界のドキュメントの大切さ
 ・システム開発におけるドキュメントの役割
 ・分かりづらいドキュメントとは?
2.ドキュメント作成の手順
 ・情報と構成と表現
 ・読み手の視点と論理
3.情報の整理と論理構成
 ・情報の洗い出し(何を伝えるのか)
  演習:MindMapによる情報出し
 ・読み手の興味と懸念(何を受け取るか)
  演習:読み手の視点フィードバック
 ・文章の目的は(目的から論理を練る)
4.文章表現
 ・「読みやすさ」と「誤解されない」文章
 ・助詞(の、より、から、で)
 ・漢字、ひらがな、カタカナ
 ・長文 ・接続詞 ・主語と述語の対応
 ・ねじれ文書
 ・語順と句読点 ・対句
 ・尊敬語と謙譲語と丁寧語
 ・同音異義語 ・二重否定 ・受動態
 ・および、ならびに、もしくは
 ・表記の揺れ(同義語、類義語) ・略語
 ・曖昧な表現 ・図、表、グラフ

<2日目>

5.文章作成【PC演習】
 ・文章化作業(情報と構成)
  グループ&講師フィードバック
 ・文章化作業(文書表現)
  グループ&講師フィードバック
6.ドキュメントのポイント
 ・議事録 ・報告書 ・メール文書
7.まとめ

※進捗状況により変更となる場合があります。