Pythonによるデータ分析演習(実践編)

印刷用ページ印刷用ページ

10/4は、オンライン(Zoom)での開催です。

PCを用いたハンズオン研修です。
本講座ではオープンソースのプログラミング言語「Pyhton」を用いて、複数の事例をもとに、実際のビジネスの現場課題をデータ分析により解決する方法を学びます。

受講申込: 
研修講座コード
TD111
受講料(税込)
¥60,500
日数(時間)
2日間(12時間)
開講予定
2021-10-04 (月)2021-10-05 (火)
2022-03-01 (火)2022-03-02 (水)
開講時間
9:30~16:30 (お昼休み 基本12:00から13:00まで)
前提知識

「Pythonによるデータ分析演習」受講者又は同等の知識(Pyhonプログラミングができる)をお持ちの方

対象者

マーケティング、企画担当者など、データ分析をビジネスに活用したい方。 
Pythonによるデータ分析のビジネスへの適用方法を取得したい方。

到達目標

Pythonによるデータ分析をビジネスに適用できるようになる。

講師
TITC合同会社(2021/10/1社名変更) 富田良治
事務局コメント

10/4-5開催分は、ZOOMを使用したオンライン形式での実施です。ご自身でWebカメラ付きのパソコンをご用意の上、リモートで受講いただきます。

ZOOMを使ったオンライン研修の受講方法について

講座分類

研修内容: 

<1日目>

1.データ分析の流れ

◆目標設定、目標までのプロセスの整理、仮説立案、データ分析、課題の抽出、施策立案、効果測定

2.売上データ分析
◆仮説の立案
◆データの把握
◆データ分析
◆課題の抽出
◆施策の立案

<2日目>

3.ダイレクトメール反応分析
◆仮説の立案
◆データの把握
◆データ分析
◆課題の抽出
◆施策の立案

4.顧客満足度分析
◆仮説の立案
◆データの把握
◆データ分析
◆課題の抽出
◆施策の立案

オンラインの場合:個々のPCへのPython環境構築は不要。
当日は、講師が用意したアカウントでAmazon Sagemakerにサインインし、ブラウザから実行環境(JupyterNotebook)で演習を進めます。

※進捗状況により変更となる場合があります。