React Natvieアプリ開発演習 Firebase活用編

印刷用ページ印刷用ページ

Firebaseは、mBaaS(mobile Backend as a Service)と呼ばれるクラウドサービスであり、サーバーサイドでの処理を低コストかつ容易に実現する仕組みとして、数多くのスマートフォンアプリで利用されています。

Firebaseには、 Cloud Firestore(NoSQLサービス)、Firebase Authentication(認証サービス)、Cloud Storage(ストレージサービス)、Cloud Functions(サーバーサイド関数実行サービス)、Firebase ML(機械学習サービス)等があり、それぞれの機能を連携して動作させることができます。

本研修では、簡易メモアプリの開発を通して、React Native上でのFirebaseの活用方法を学びます。

受講申込: 
研修講座コード
TE020
受講料(税込)
¥66,000
日数(時間)
2日間(12時間)
開講予定
2021-11-24 (水)2021-11-25 (木)
開講時間
9:30~16:30 (お昼休み 基本12:00から13:00まで)
前提知識

「React Nativeアプリ開発演習 基礎編」受講者又は同等の知識(React Nativeアプリ開発の基本の理解)をお持ちの方

対象者

React Nativeを用いて代表的mBaaSであるFirebaseの活用方法を学びたい方

到達目標

React NativeアプリにFirebaseを導入し、認証、データベース、ストレージ等のクラウドサービスを活用する方法について理解できる。

講師
株式会社イワテシガ 田中 充 https://r4hs.com/#
講座分類
タグ
スマホネイティブアプリ

研修内容: 

<1日目>
 Firebaseの概要
 開発環境の構築(VS Code, Node.js, React Native, Android Studio,  Firebase)
 AsyncStorageを用いたローカルメモアプリの開発
 Cloud Firestore入門

<2日目>
 クラウド対応版メモアプリの開発
 Firebase Authenticationによるユーザー認証
 Cloud Storageによる写真ファイルのクラウド保存
 その他のFirebaseの機能

◎実習環境:Chrome、VS Code、Android Studio
演習はAndroidのエミュレータで実施しますが、当日Android端末をお持ちの場合は、実機での動作確認ができます。

※進捗状況により変更となる場合があります。