Spring BootとJavaScriptによる Webアプリケーション開発ワークショップ

印刷用ページ印刷用ページ

プログラミング

このワークショップは、単に基礎知識を学ぶコースではありません。
 現在、広く普及しているツールと手法によるチーム開発を疑似体験し、今まで学んできた基礎知識を使って現場実務に向けた準備ができる総合演習のため、自身の現在のスキルを再確認したい方には最適のコースです。
このコースはCI/CD(継続的インテグレーション/継続的デリバリー)を基礎とするアジャイル的な開発スタイルを体験することができます。プログラミング言語は Java と JavaScript、フレームワークとして Spring Boot と React を使用する予定です。3名前後の少人数チームを編成し、チーム単位で開発課題に取り組みます。チーム作業の中での気づきや教えあいを通じて、ワークフローやツールの使い方、個々の要素技術について理解を深めていきます。

受講申込: 
研修講座コード
TJ024
受講料(税込)
¥78,100
日数(時間)
3日間(18時間)
開講予定
2022-02-02 (水)2022-02-04 (金)
開講時間
9:30~16:30 (お昼休み 基本12:00から13:00まで)
前提知識

下記講座を受講済みか同等の知識があること:
- Spring BootによるWebアプリケーション開発入門
- JavaScript&TypeScript入門
- 開発者のためのGit入門
- 開発者のためのDocker活用入門

対象者

新入社員(技術系)
Git、Docker、CI/CDツールを使った開発フローをこれから始める方
チーム/ペア実習を通じて、受講前提条件に挙げた技術項目の理解を深めたい方

到達目標

構成管理、コンテナ型仮想化技術、CI/CDツールを前提とした開発のスタイルと流れを理解して対応可能になること。
受講前提条件に挙げた項目の技術を用いて、実際に動作するアプリケーションを構築できる実務レベルのスキルを構築すること。

講師
(株)シナジークエスト 白根 健司
講座分類

研修内容: 

<1日目>導入と API 実装
 導入:全体の流れ、作業環境とツールの説明
 初期状態の実装の解説、取り組む課題の説明
 チーム編成(3名前後)
 1日目の課題:API 実装(CRUD 処理)
 チーム演習
 今日のまとめ、実装例の提示、質疑応答

<2日目>フロント開発
 要素技術解説
 React
 REST API 呼び出し
 2日目の課題:API 呼び出し、画面表示
 チーム演習
 今日のまとめ、実装例の提示、質疑応答

<3日目>継続と拡張
 追加仕様案(プロダクトバックログ)の提示
 課題設定(チーム毎に検討のうえ決定)
 チーム演習
   今日のまとめ、実装例の提示、質疑応答

演習環境:AdoptOpenJDK、Eclipse、Git for Windows、GitBucket、Jenkins(CI/CD)

※進捗状況により変更となる場合があります。