はじめてのメンター研修-悩まず、互いに成長するメンターになる

印刷用ページ印刷用ページ

日々Z世代の社員と接する中で、相手を見ながら相手のことを考えながらこれはどう接したらいいだろう・・・と試行錯誤しながら、メンターを務められている皆様、自らのメンターとしての在り方に迷う日もあるかと思います。良い方法を探している方、レベルを上げたい方は是非テクニック論の前に当事者の心理や状況を学んでみてください。キャリア理論や心理学的に見た世代の特徴を学び、そこへのアプローチ法を考えます。具体的なコミュニケーション法・テレワークやテキストコミュニケーションでの活かし方も学べますよ。
また、他の会社の同じ立場の人たちとの交流により情報交換ができます。

受講申込: 
研修講座コード
PS071
受講料(税込)
¥16,500
日数(時間)
1日間(4時間)
開講予定
2022-07-01 (金)
開講時間
13:00-17:00
前提知識

特になし

対象者

Z世代を対象とするメンターをされている方

またはこれからメンターになる予定がある方

到達目標

Z世代と自分の比較が明確になり支援の目標ができる。

メンターとしての自己理解も進むようになる

接し方を理解し、指導やフォローに主体性や余裕・工夫ができるようになる

講師
上田菜香(産業カウンセラー、国家資格キャリアコンサルタント、メンタルへルス、コーチング、キャリア教育コーディネーター)
講座分類

研修内容: 

<1日目>
アイスブレイク 10年で変わったものを考える

演習-自己紹介を兼ねて、参加動機・悩み・課題・メンターでよかったこと等を共有する
          専用シートに、対象者についての分析や傾向を書き出してみる

世代的傾向、年齢的傾向(発達課題)、入社1年目の心理や動向特性(自分の振り返り)

演習-傾向に対してアプローチ法を考えてみる。
     (日々のPDCAと自己理解。相談スキル。周囲の意見を聞き取り入れる姿勢が持てるか。
       キャリアオーナーシップの重要性。スキルの習得に走る傾向にあるが根底を鍛える時期ということを認識させる工夫はどのようなものがあるか?等)

コミュニケーションの取り方(傾聴の仕方、質問の工夫等)

接する上での注意点(テレワーク時・ハラスメント等)

※進捗状況により変更となる場合があります。