中堅社員のための問題解決技法

印刷用ページ印刷用ページ

目の前の仕事を漫然とこなすのではなく、より高い成果に向けた改善や問題解決が期待される中堅社員。
しかし、「思いこみや偏った見方」「論理性の不足」「その場しのぎ」など、中堅社員の問題解決力不足を指摘する声が多いのが実情です。この研修では、データ等の論拠にもとづく効果的なコミュニケーションにより、相手の意思決定を促し、問題解決をリードできる中堅社員の育成を目指します。
実践力重視の学習内容で、中堅社員の今後の飛躍にむけて求められる、論理的思考をベースとした問題解決能力を修得できるよう、ケーススタディや演習を活用した体験学習型の研修となっています。

 

受講申込: 
研修講座コード
PS020
受講料(税込)
¥77,000
日数(時間)
2日間(14時間)
開講予定
2022-11-01 (火)2022-11-02 (水)
開講時間
9:30-17:30 (お昼休み 基本12:00から13:00まで)
対象者

中堅社員、入社5-7年目社員
このような課題がある方にお薦めです。
・言われたことはできても、自発的な創意工夫が見られない
・自分の思いこみや狭い情報にもとづく提案が目立ち、なかなか仕事を任せきれない
・「問題解決とは何か」を理解できていない

到達目標

・問題解決および問題解決型人材となることの意義を理解できる
・お客様満足につながる問題解決のあり方を理解できる
・事実を正しく認識、把握するためのポイントが理解できる
・見える化に重要なデータ活用のポイントを理解できる
・問題解決の8ステップを体験し、仕事に活かすイメージをもつ
・QC7つ道具を知り、代表的なものを活用できるようになる

講師
株式会社ワークライフスポーツ 八木 良紀
事務局コメント

8/9-10開催を11/1-2に延期しました。

講座分類

研修内容: 

<1日目>

仕事を効果的に行う3つのスキル
問題とは
問題と課題の違い
問題解決とは
問題解決演習
 ・事実を把握するコミュニケ―ションゲーム
 ・問題解決ステップの理解のための演習

<2日目>

問題解決ケーススタディ
 ・チーム実習 : QC7つ道具を活用した科学的アプローチの体験
ケーススタディの妥当解の解説
ワンランク上の仕事の目標設定

 ・これから、何を目指して、どのような問題解決を行っていきたいか

※進捗状況により変更となる場合があります。