コミュニケーション -「論理的」で「伝わる」意思疎通の技法-

印刷用ページ印刷用ページ

論理的に考えるスキル、口頭表現のスキル等を理論と実践を通じて、グループセッションやプレゼンコンテスト等により参加者の方々と交流し楽しく身に付けることができます。講師、他者、ビデオ等様々なフィードバックにより自己のコミュニケーションの特性が把握でき、受講者が強みを生かし、弱みを意味のないものにする方策を自ら見いだしていける内容です。

受講申込: 
研修講座コード
PS021
受講料(税込)
¥55,000
日数(時間)
2日間(12時間)
開講予定
申込により受講できます。
対象者

業務上意思疎通の力を必要としている方

到達目標

・自分の力で論理的に考えることができる。
・読みやすく分かりやすい文章が作成できる。
・プレゼンテーションを実施できる。

講師
セイ・コンサルティング・グループ(株) 小里七重
事務局コメント

※事前準備として、演習テーマ「自社やお客様に提案したいこと」について前もって考えてからご参加ください。
 

◎当コースを受講希望する方は、リクエスト研修にて開催いたします。

開催希望の3ヶ月前までに、kensyu@deos.co.jp宛 以下の項目をお知らせ下さい。
・連絡先(御社名、担当者名、メールアドレス、電話番号)、開催希望時期、受講者数

講座分類

研修内容: 

<1日目>

 
はじめに
・コミュニケーションとは
・なぜ、コミュニケーションが重要か?
・論理性とコミュニケーション
ロジカルコミュニケーション
 ・論理とは ・論理の基本形
誰でもできる、ロジカルシンキング
・ロジカルの4ステップ ・個人ワーク
・グループ内発表とフィードバック
より強固なロジカルシンキング
・Why so? So what?
・MECE・ストーリー性
プレゼンテーション 
・なぜ、プレゼンが必要か?
・プレゼンテーションの3Cとは?
・論理的なプレゼン

<2日目>

プレゼンテーションの導入
プレゼンテーションスキルの重要性
・プレゼンテーションの準備と流れ
プレゼンテーションの本論
・説明型 ・主張型 ・提案型
実践、プレゼンテーション企画
・実際の仕事を題材にして、プレゼンテーションプランを練る
・ドキュメント作成
・講師からの個別指導
・リハーサルと相互フィードバック
プレゼンテーションの実践【演習】
・個別発表-ビデオに収録
・講師コメント

※進捗状況により変更となる場合があります。