ネットワークテクノロジーII(LANスイッチネットワーク設計編)

印刷用ページ印刷用ページ

適切なローカルエリアネットワークの設計を行うためには、適用する技術を基本からしっかりと理解する事が大切です。
その中から、顧客が求めるネットワークシステム実現を目指します。
このコースでは、ネットワーク設計の手順を学ぶ事とともに、設計段階で押えておくべき機能と適用時の考慮点を、特にLAN環境を主体として机上演習もまじえながら進めます。
設計をこれから担当する方、および設計の基礎を学習する方も参加いただけるよう基礎から解説します。

受講申込: 
研修講座コード
TN002
受講料(税込)
¥60,500
日数(時間)
2日間(12時間)
開講予定
2021-10-05 (火)2021-10-06 (水)
開講時間
9:30~16:30 (お昼休み 基本12:00から13:00まで)
前提知識

「ネットワークテクノロジーⅠ(基礎・セキュリティ)」の受講者又は同等の知識をお持ちの方

対象者

ネットワーク設計担当予定の方、ネットワーク設計初級担当者、又はユーザ企業システム部門のネットワーク担当者の方。

到達目標

・ネットワーク設計の手順と考慮点を理解する。
・ネットワーク設計に必要な技術とプロトコル知識を理解する。
・LAN構築時に適用する主な機能とその適用ポイントを理解する。
・3階層型トポロジと2階層型アーキテクチャーの概要を理解する。

講師
ITトレーニング・インストラクター 大竹口 隆
講座分類

研修内容: 

<1日目>

ネットワーク設計の流れ
 要件定義で行うこと
 論理設計で行うこと
 物理設計で行うこと
(要件定義演習)

レイヤ2LAN設計
 VLAN設計
 レイヤ2冗長化設計
 リンクアグリゲーション機能

<2日目>

レイヤ3LAN設計
 IPアドレス設計
 ルーティングプロトコル特性と選定
 ゲートウェイ冗長化設計
 (レイア3設計演習)

Qos概要と帯域管理
 QoS概要、帯域制御技術

リーフ&スパイン2階層型設計と3階層型設計

※進捗状況により変更となる場合があります。