ネットワークテクノロジーⅢ(LANスイッチネットワーク構築編)

印刷用ページ印刷用ページ

このコースでは、マルチレイヤLANスイッチを利用したネットワーク構築方法を実習を通じて理解します。レイヤ2、およびレイヤ3で適用すべき機能を理解したうえで、LAN構築することで、実践的な知識の習得を行います。
基本的な機能の理解とともに、可用性に優れたフォールトトレラントネットワークの構築方法を実機を使用して理解します。
実習では、高度な機能設定も行いますが、はじめての方も参加いただけるようLANスイッチの基本操作方法から解説します。

受講申込: 
研修講座コード
TN003
受講料(税込)
¥86,900
日数(時間)
3日間(18時間)
開講予定
2021-12-01 (水)2021-12-03 (金)
開講時間
9:30~16:30(お昼休み 基本12:00から13:00まで)
前提知識

「ネットワークテクノロジーⅠ(基礎・セキュリティ)」の受講者又は同等の知識をお持ちの方

対象者

ネットワーク構築担当またはこれから担当予定の方。
ユーザ企業システム部門のネットワーク担当者の方。
または、外部に構築を依頼するシステム担当者の方。

到達目標

・ネットワーク技術の特性を理解して構築手順を学ぶ。
・LAN構築に必要な各種機能を理解してネットワークへの適用方法を理解する。
・レイヤ2およびレイヤ3における冗長化機能を理解してフォールトトレラントなネットワーク構築の体験をする。

講師
ITトレーニング・インストラクター 大竹口 隆
講座分類

研修内容: 

<1日目>

LAN構築に必要な技術
  ・LAN環境の特性
  ・LAN構築のポイント
    レイヤ2冗長化,レイヤ3冗長化
  ・機器選定
    機能別
LANスイッチ基本設定
 ・レイヤ2スイッチの動作
 ・VLANの設定
 ・VLAN間ルーティング

<2日目>

トランク(タグVLAN)制御
 ・トランクリンクによるアクセス制限
セキュアネットワーク実装
 ・セキュアLANネットワークの構築
 ・VLANアクセス制限
ルーティング基礎
  ・ルーティングとは
  ・スタティックルーティング、ダイナミックルーティング

<3日目>

ルーティングプロトコルのLAN実装
  ・RIPの実装、OSPFの実装
デフォルトゲートウェイの可用性向上
 ・デフォルトゲートウェイ障害対策プロトコル

※進捗状況により変更となる場合があります。