初級情報システム管理者研修

印刷用ページ印刷用ページ

TCP/IPネットワークにおける通信の基本を速習するとともに、トラブル発生時の対処を模擬演習にて体験して頂きます。また、Windowsファイルサーバーでのアクセス権設定等の基本事項を、実践的な例にて確認して頂くとともに、DFSやアクセス監査等の応用的な設定もご紹介します。演習環境にはサーバ仮想化技術を用いますので、仮想化技術を体験しつつスキルアップしたい初級システム管理者や情報セキュリティ管理者の方に最適な講座です。

受講申込: 
研修講座コード
UT010
受講料(税込)
¥55,000
日数(時間)
2日間(12時間)
開講予定
リクエストにより開催します。
開講時間
9:30~16:30 (お昼休み 基本12:00から13:00まで)
前提知識

業務でPCを利用しており自PCの環境をセットアップできる。又は同等の知識を有する方

対象者

情報システム管理担当者

到達目標

・ネットワークの基本的なトラブル対応ができる
・Windowsファイルサーバーの、アクセス権割り当て等の効率的な管理ができる

講師
デバイド・コンカー 部坂 征司
事務局コメント

◎当コースを受講希望する方は、リクエストにて開催いたします。

開催希望の3ヶ月前までに、kensyu@deos.co.jp宛 以下の項目をお知らせ下さい。
・連絡先(御社名、担当者名、メールアドレス、電話番号)、開催希望時期、受講者数

講座分類

研修内容: 

<1日目>
TCP/IPネットワークの基本知識
トラブルシュートの基本
トラブルシュート実習

<2日目>
Windowsファイルサーバーの基本構成
Windowsファイルサーバーの応用構成

◎実習環境:OracleVM、WindowsServer

※進捗状況により変更となる場合があります。